むし歯と歯周病のちがいハッキリわかっていますか?

むし歯/歯周病 むし歯の説明へ 歯周病の説明へ

むし歯のはなし

むし歯=痛い!のイメージだけで認識されていて、実際の症状やメカニズムについては良く知られていないように思います。

どうして痛いのか?どうしてむし歯になりやすいのか?

ちゃんと考えたことがありますか?実は奥が深いのです!

ここではむし歯についてちょっとお話していきましょう!

むし歯の進行。

白濁簡単に言うと、むし歯は細菌感染症です。一番メジャーな菌の名前はミュータンス菌。 聞いたことがある方も多いことでしょう。

虫歯は歯の表面から穴があいて始まると思われがちですが、実はそうではなく、歯の内側(歯の表面のすぐ下の部位)からカルシウムやリン酸イオンが溶け出し(=表層下脱灰といいます)、白斑ができます。

これがむし歯の始まりです。この段階であれば、キチッとしたプラークコントロールで元の健康な状態に戻ります。これを放置すると穴になってしまいます。

穴はエナメル質をこえ、象牙質→歯髄(神経)へと進んでいきます。痛みは象牙質に到達したあたりから感じるようになってきます。最初は冷たいものがしみるところから始まり、神経に到達して炎症が起こるとズキンズキンします。

穴は当然、細菌による感染が起こっているわけですから、、、つまり、穴が大きくなるということは、細菌による侵襲が徐々に進んでいる…ということ。こう考えた方がシンプルでわかりやすいでしょう。

むし歯菌感染が神経まで到達すると、しまいには神経が死んで腐ってしまいます。
神経が死んでしまうと痛みを感じることができなくなり、そのまま放置してしまうと、根の周りの骨や、血流を介して全身へと感染が拡がります。

歯の痛みは"歯の悲鳴"です。悲鳴が上がるまで放置しておくというのは、歯にとって酷なことではないでしょうか……。

金属を白く神田歯科のむし歯治療は保険治療を基本としております。
自由治療を希望される場合(金属を白い物にしたい方、材料や方法違いを説明してほしい方)はお気軽に声をかけてください。(セラミック、ハイブリット、ゴールドなどの被せ物材料の種類、その他インプラント、金属床やバネの無い入れ歯 等)

おとなのむし歯とこどものむし歯

子供のむし歯はあっという間に進行してしまう急性のものが多いのに対し、大人はゆっくりじわじわと進行していくむし歯がほとんどです。

大人になるにつれ、フッ素という物質を徐々にとりこんでいくことで歯の表面は科学的に安定し、丈夫になります。大人になるとむし歯が減ってくる理由はここにあります。

治療をしてかぶせた物の隙間や歯ぐきが下がって露出した根元の部分などが大人のむし歯になりやすいところです。

むし歯

なぜ、むし歯になりやすい人となりにくい人がいるの?

それはなぜか?ヒントは“3つの輪”にあります。

3つの輪

むし歯はこの3つの輪の要因がすべて重なった時に発症します。ひとによって遺伝的に歯がもろい人もいれば、甘いものが大好きでよく食べる人。歯のお手入れがいい加減な人。さまざまです。

ですから、自分の歯の質や生活習慣を見直し、自分はどの要因が問題になりやすいのか?ということを知り、この3つの輪が重ならないように注意することでむし歯を予防することができます。

歯が生まれつき弱い方はまずはフッ素塗布ヤシーラントなどをされることをおすすめします。そして定期的な検診を通常の人よりマメにうけて早期発見に心がけましょう。

歯が弱い分、砂糖の摂取を控え、正しい歯磨き方法を身につけ、習慣化させましょう。

甘いものが大好きな方はまずは砂糖製品を極力摂らないように習慣づけることから。代用甘味料を利用することもいいでしょう。

お口の中が不衛生になりがちな方は歯磨きの“必要性”をしっかり理解した上で、正しい磨き方を学んで習慣づけることをすぐにはじめましょう。お口の中の菌数がぐっと減ることでかなりむし歯になるリスクが減ります。

いかがでしょうか?少し分かっていただけたでしょうか。
わからないことがあればどうぞ聞いてください。いっしょに考えましょう!

▲上へ

歯周病とはどんな病気

歯周病

歯茎

▲上へ

神田歯科の治療方針。
目的を持って磨く“正しい歯の磨き方”で医者いらずになる。
歯にやさしいホワイトニング法の選択のしかた。
なるべく削らないで自分の歯の美しさを生かしたむし歯治療。
“悪くなる前に通う”のが美しさキープの秘訣。